Home>> 製品情報>>COSMAP>>オプション ソフトウェア

オプション ソフトウェア

高周波誘導焼入れオプション

COSMAP高周波誘導焼入れオプションは、COSMAPと(株)JSOL社製JMAGまたは(株)フォトン社製PHOTOを連動させ高周波誘導焼入れシミュレーションを可能にするオプション・ソフトウェアです。

高周波誘導焼入れは、高い表面硬さと圧縮性残留応力により耐摩耗性と耐疲労性が得られる、短時間に加熱できて変形が小さい、熱効率が良く省エネである等の多くの利点があるために広く産業界で使われております。一方で、高周波焼入れプロセスの設計は、加熱温度の正確な測定が難しい、加熱コイルの設計が難しい、複雑な形状のワークの焼入れ条件の設定が難しい等の課題があり多くの経験と試行錯誤が必要になります。

COSMAP誘導焼入れオプションは、JMAGまたはPHOTOのの磁場‐熱連成解析とCOSMAPの変態・熱・力学連成解析機能を連動させ高周波誘導焼入れ処理プロセスのシミュレーションを行い熱処理後のワークの硬さ、残留応力、変形、組織分布等の予測を可能にします。それにより、最適な加熱コイルの設計、加熱、冷却方法の設定等に活用することができます。

機能

COSMAPとJMAGまたはPHOTO連成ソフトウェアを連動させ高周波誘導焼入れ解析をします。

特徴

加熱と冷却プロセスを連動させたシミュレーションができるので磁場‐熱解析だけのシミュレーションに比べ現実に合ったシミュレーションができます。

  1. 高周波誘導焼入れにおける物理量の間の連成
    高周波誘導焼入れにおける物理量の間の連成
  2. 高周波誘導焼入れシミュレーションの処理フロー概略
    高周波誘導焼入れシミュレーションの処理フロー概略

動作条件

高周波誘導焼入れシミュレーションには、このオプションと共に次のソフトウェアが必要です。
  • COSMAP基本ソフトウェア
  • JMAGまたはPHOTO連成ソフトウェア
  • GiDプリポストプロセッサー

誘導加熱焼入れシミュレーションの適用例

シリンダーの解析
  1. 解析モデル(a:磁場‐熱解析のモデル、b:変態‐熱‐力学解析のモデル)
    解析モデル(a:磁場‐熱解析のモデル、b:変態‐熱‐力学解析のモデル)
  2. 加熱時の温度分布
    加熱時の温度分布
  3. 焼入れ後のオーステナイト、ベイナイト、マルテンサイトの分布
    焼入れ後のオーステナイト、ベイナイト、マルテンサイトの分布
  4. 焼入れ後のシリンダー内部の残留応力(σx,σy,σz)
    焼入れ後のシリンダー内部の残留応力(σx,σy,σz)
  5. 焼入れ後のシリンダー表面の残留応力
    焼入れ後のシリンダー表面の残留応力